ハーブの豆知識

マリーゴールド

マリーゴールド

【基本情報】

ラテン名:Calendura officinalis
科名と薬用部位:キク科、花部
含有成分:カロチノイド(カロチン、キサントフィルなど)、フィトステロール(タラキサステロールなど)、フラボノイド(クエルセチンなど)0.88%以下、苦味質、多糖類、精油0.12%以下


【主な作用について】

1)発汗作用(風邪のひき始めに)

2)胆汁分泌促進で肝臓の働きを促進



マリーゴールドにまつわる、チーフブレンダー藤枝のショートコラム
キク科の植物で鮮やかなオレンジ色の花が咲き、咲いている期間が非常に長いので公園の花壇などによく植えられています。園芸品種は八重の花びらや少し筋の入った変わった色のものがありますが、薬用のマリーゴールドはもっと大きく素朴な容姿をしていて、和名をトウキンセンカと言います。
花びらを薬用部位にしてお茶として飲みますが、正直味はあまり美味しいとは言えません。通常はブレンドして飲むことが多いです。花びらなので成分はすぐに浸出しますが、10分くらい置いたものを飲むと苦み成分が溶け出て、本当に苦くて飲めないほどになります。
作用としてはホルモン系に働いて月経をスムーズにさせたり、生理痛を軽くしていったり、バランスを整えたりしてくれます。また殺菌、免疫アップ作用もあるので、風邪の時にエキナセアなどとブレンドして飲むと効果的でしょう。


【マリーゴールドを使ったハーブティー

イガイガ
シバシバ
おやすみの黄色いハーブティー

ブログ<ハーブ日記>

こんにちは!チーフブレンダーの藤枝と店長の杉浦です。

ハーブのある毎日を自由気ままに綴っていきます。

ハーブ日記はこちら

Yahoo!ウォレット アクセプタンス マーク

楽天ID決
済
楽天ID決済とは、楽天会員の方が楽天グループ以外のサイトでも 「あんしん」「簡単」「便利」に、お支払いをすることができるサービスです。 お支払い額に応じて楽天スーパーポイントを貯めることも、使うこともできます。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 休日
  • 午前営業

西東京市バナー

ページトップへ