ハーブの豆知識

ネトル

【基本情報】

ラテン名:Urtica dioica
科名と薬用部位:イラクサ科、葉部
含有成分:フラボノイド(クエルセチン)、フラボノイド配糖体(ルチン)、クロロフィル1.0%〜2.7%、フィトステロール(β-シトステロールなど)、β-カロチン、ビタミンC、葉酸、ミネラル(ケイ酸、カルシウム、カリウム、鉄)20%まで、刺毛にアミン類(ヒスタミン、ヒロトニン、コリン)


【主な作用について】

1)抗アレルギー作用(花粉症等)

2)貧血予防に


ネトルにまつわる、チーフブレンダー藤枝のショートコラム
ネトルはイラクサ科の棘のある、紫蘇の葉のような植物です。ハーブティーの色は初めはクロロフィル成分の緑色をしていますが、時間が経つとほうじ茶のような茶色に変化します。味はハーブティーというより薬草茶のような味わいです。このネトルは女性には嬉しい成分ばかりでミネラルたっぷり!特に鉄分が豊富です。私は妊娠中、低下しがちな鉄分を補うためにネトルティーを飲んでいましたが、おかげさまで鉄不足にもならずに妊娠中を乗り切ることができました。もちろん低下のレベルによってはお薬も必要なケースがあるので全てをネトルに頼るわけにもいきませんが、予防のために飲むにはノンカフェインですし最適です!
ところで、アンデルセン童話の「白鳥の王子」の話をご存知でしょうか?
〜魔女によって白鳥にされてしまった王子たち(兄)を解く唯一の方法を聞き出したお姫様(妹)。棘のあるネトルを足で踏んで糸を紡ぎ、王子たち11人分のシャツを編むというもの。なんとか無事に編み終えて王子たちは元に戻り、魔女は処刑されました。〜
というお話です。
実際はネトルではなくイラクサという表現になっていますが、これはネトルの和名です。でもシャツを編むと言ってもハーブで?という感じがしますが、よく見ると白い繊維らしきものが見えるので、もしかしたら可能かも?!なんて想像を膨らませてしまいます。ハーブは欧米ではとても生活に密着しているため、アンデルセン童話やピーターラビットの物語などにしばしば登場します。日本では紫蘇、生姜、ネギ類、山椒などの和ハーブがありますが、物語となると・・・どうでしょう?出てきているでしょうか??


【ネトルを使ったハーブティー

ふゆパワーブレンド
カフンブレンド
メタボリック
くわざさブレンド
クシュクシュ
ウェイトコントロール
ぽかぽか
元気
鉄分
母乳ケア
春さわやか-カフンバイバイ-
Princessスリム

ブログ<ハーブ日記>

こんにちは!チーフブレンダーの藤枝と店長の杉浦です。

ハーブのある毎日を自由気ままに綴っていきます。

ハーブ日記はこちら

Yahoo!ウォレット アクセプタンス マーク

楽天ID決
済
楽天ID決済とは、楽天会員の方が楽天グループ以外のサイトでも 「あんしん」「簡単」「便利」に、お支払いをすることができるサービスです。 お支払い額に応じて楽天スーパーポイントを貯めることも、使うこともできます。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 休日
  • 午前営業

西東京市バナー

ページトップへ