ハーブの豆知識

エルダーフラワー

【基本情報】

ラテン名:Sambucus nigra
科名と薬用部位:スイカズラ科・花
成分:精油、フェノール酸、フラボノイド配糖体(ルチン、クエルシトリン)、粘液質、ミネラル


【学名の由来】

Sambucus → ギリシヤ語のsambykeが由来。このsambykeとは鋭い音の出る四弦の三角形楽器で、その楽器がこの木で作られたことから。
nigra → ラテン語のnigerusがつまってnigra(黒い)。ブラックペッパーの学名でもnigrumが使われ、同じ意味。


成分について】

フラボノイド配糖体のルチンは、どこかで聞いた単語ではないでしょうか。新そばの時期、またはそば茶のパッケージに書かれていることがあります。ルチンは1842年にルー(別名ヘンルーダ)から発見され、後にビタミンPの名で知られるようになりました。
ビタミン
Pはルチンだけでなくへスペリジン等の総称です。へスペリジンはミカンの皮やすじに含まれ、皮を乾燥して入浴剤にしたり、自家製の育毛剤にしている方をみると、やはりへスペリジンも体には良さそうですね。
ビタミン
Pについてまだ研究途中ですが、毛細血管の強化、血中コレステロールの減少、抗アレルギー作用、血流改善作用があるのではといわれています。


【主な作用について】

1)発汗作用
2)利尿作用
3)抗アレルギー作用


【ハーブティー以外の使い方】

エルダーフラワーといえば、コーディアルが有名です。コーディアルとは砂糖漬けのシロップのことです。最近は某有名飲料メーカーからもエルダーフラワーエキス入りのペットボトルが発売されるなど浸透しつつあります。日本ではエルダーの生の花が手に入りにくいのでドライハーブを使って作ります。


レシピ)

①湯400mlにハーブ50g程度入れて10分程度蒸らし、その後ハーブを漉します
②その後砂糖200g程度入れて煮つめ、最後にレモン2個分(クエン酸大さじ2)加えて完成です


このエキスさえできれば夏は炭酸割り、冬はお湯で割る等楽しめます。また焼き菓子やお酒、アイスクリーム等に加えても美味しいです。初夏ヨーロッパでは鈴なりになったクリーム色の小さな花を摘んで各家庭の味に仕上げていきます。
お子様はもちろん、ハーブティー初心者は是非お試しあれ!
イギリス産やスウェーデン産の製品も販売されているようなので、手作りが面倒な方はこちらもどうぞ。


エルダーフラワーにまつわる、チーフブレンダー藤枝のショートコラム
エルダーの木は約10mになり、初夏には花を、その後アントシアニン系の黒い実をつけます。
学名の由来である黒色はこの実に由来するのでしょう。ハーブティーでの主役は花だけですが、この黒い実はジャム、ワイン、ゼリー等に加工されます。特にイギリス人にとっては子供の頃を思い出す生活に根ざした身近な木のようです。伝説や迷信もたくさん残され、大人気小説「ハリーポッター」で出てくるニワトコの杖はこのエルダーの木であること、ご存じでしょうか。


【エルダーフラワーを使ったハーブティー

ビューティースキン
カフンブレンド
メタボリック
ビタミンスマイル
クシュクシュ
ウェイトコントロール
ホワイトブレンド
ふゆパワーブレンド
春さわやか-カフンバイバイ-

ブログ<ハーブ日記>

こんにちは!チーフブレンダーの藤枝と店長の杉浦です。

ハーブのある毎日を自由気ままに綴っていきます。

ハーブ日記はこちら

Yahoo!ウォレット アクセプタンス マーク

楽天ID決
済
楽天ID決済とは、楽天会員の方が楽天グループ以外のサイトでも 「あんしん」「簡単」「便利」に、お支払いをすることができるサービスです。 お支払い額に応じて楽天スーパーポイントを貯めることも、使うこともできます。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 休日
  • 午前営業

西東京市バナー

ページトップへ